出会い系でできるだけお金を使わないでセフレを作る方法

出会い系

出会い系サイトを使用して気軽にセックスフレンドを作ろうと思っている男女はとても多いと思うのですが、男性として気になるところは何と言ってもお金ですよね。

サイトによって多少前後はあるかと思いますが、大体はメールを送る時、受信する時、書き込みをする時などにいちいち料金が発生してしまうので、気が気ではない状態が続いてしまいます。

「できるだけお金を使わないで、出会い系でセフレを作りたい!」
そんなあなたにオススメの方法を今回は伝授したいと思います。

できるだけお金を使わないで、出会い系でセフレを作る方法

まず最初に行うことは、無料で使えるものはとことん使うということです。

こちらもサイトによって異なりますが、定型メールであれば無料or格安で送付することができたり、掲示板の書き込みが無料だったりするところもありますので、そういうサービスは必ず全て使いましょう!

うまくいけばそこでよい女の子が引っかかってくれる可能性もあります。

返信をもらうために工夫することは?

定型メールで、
「女の子からメールの返信を貰うのはどのような工夫をすればいいか?」
というと、プロフィールの充実です。
その1点に限ります!

本気でセフレを探している女の子は相手のプロフィールは必ずと言っていいほどチェックしているので、充実していればしているほど返信の確立は上がります。

初期アバターのまま、プロフィールは全部「ひみつ」になっている方にわざわざ女の子はメールしてきません。
残念ながら。

自分でもそうではないでしょうか?
せっかくお金をかけて女の子にメールを送るのであればプロフィール写真が掲載されていたり、プロフィールに身長やスタイルが載っている女の子につい送ってしまいたくなりませんか?

それと同じです。
なので、プロフィールは面倒でもしっかり入力しましょう。

プロフィールの注意点・コツは?

内容としてのコツは、まずプロフ画像写真です。
こちらはアバターではなくきちんと写真も登録しましょう。
アバターがあるサイトではきちんと自分のイメージに出来るだけ似ているアバターを作成しましょう。

写真については身バレが怖い方にとってなかなかハードルは高いかもしれませんが、たとえば顔全体ではなく「顔半分だけ」とか「目元だけ」とかであればどうでしょうか?

ライトアップをして上手に撮影すれば、知り合いが見てもなかなか気がつかないのではないでしょうか。

それに顔全体を堂々と掲載しているより、
「この人の顔、もっと見てみたいな」
と思われるような写真を撮影したほうがミステリアス感があって素敵かもしれませんよ。

(※風俗嬢の写真の口元を隠すのと同じようなイメージです)

プロフィールの内容は嘘偽りなく書くほうが賢明ですが、多少の誤差範囲であれば自分をよく見せるためには必要な嘘ということでOKです。

たとえば

身長168cm(本当)⇒身長170cm<(プロフィール上)

これくらいであれば実際あっても相手に気が付かれる事はほとんどないので、誤差範囲の嘘でOKだと感じます。

これを175cmとか180cmとか書いてしまうのは止めましょうね。
会った時にがっかりされてしまいますので。

あとは好みの女性を入力できるところがあったら、できるだけハードルを下げておいたほうがいいです。

たとえば

好みの女性:スレンダー系:美人系:20代

など本当の自分の好みだけ掲載してしまうと、こちらに該当しない女性からのメッセージはまず来ないと思ってよいでしょう。

「必ず自分の好みでなければセフレなんていらない!」
という意思の固い男性なのであれば正直なのも良いかとは思いますが、
「とにかく出会い系でてっとり早くセフレを作りたいんだ!」
という男性であれば…。

好みの女性:スレンダー~ぽっちゃり系:普通~かわいい系:20代~40代

くらいにしておきましょう。

これで間違いなく高感度アップです。

そのほかの注意点

あとはフリースペースなどがあるサイトでしたら、できるだけ出会い系のプロ感を出さない形で入力しましょう。

あまり長すぎるのもなんとなく恐怖感と必死感を与えますので、短く簡潔にがコツです。

これで出会い系でセフレを作るのに効率のいいプロフィールができあがりました。

これくらいできあがっているプロフィールであれば、定型メール等でも女性からの返信率は間違いなく変わるはずです。

返信がきたら多少のやりとりに料金はかかるかもしれませんが、通常と違うのは定型メールにわざわざ女性が返信をしてきたという点です。

間違いなくあなたを気に入って返信してきているわけですから、あとは滅多な粗相をしなければあっという間にスケベなセフレが作れますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました