出会い系でイライラせずにセフレを作る方法

出会い系

出会い系をやっていると、どうしても相手の女性にイライラしてしまったり、なかなかうまくいかないこともあるのではないでしょうか?

そんな経験のある人に向けて、できるだけイライラしないでセフレを作れる方法を教えたいと思います。

なぜイライラするのか?

イライラすることの第一位は、おそらく女性が直接の連絡先を教えてくれないということではないでしょうか?

連絡先は、LINE、カカオトーク、メールアドレス、いろいろありますよね。

男性としては、ポイントもかかるし、どの連絡先でもいいから一刻も早く直接の連絡先を知りたいところだと思います。

でも、ちょっと待ってください。

仲良くなる前に聞いてしまってはいないでしょうか?

LINEについて

LINEは今の生活にとってかかせないツールの一つとなっています。

職場でもLINEグループがある時代なので、本名でLINEを登録している人は意外と多いです。

そのため、仲良くもなっていない方にLINEを教えるというのは、実は結構ハードルが高いのです。

男性は、
「とにかく早く直接の連絡先を知りたい!」
という一心でLINEを聞いていると思います。

でも、実は、男性側にも結構リスクがあります。

本名で登録している人は、特に注意が必要です。

もしかしたら知り合いだったりするかもしれないし、会社の繋がりがある人が出会い系に登録している可能性だって考えられます。

LINEを出会い系で使いたい場合には登録名は本名にしないことをオススメします。

たとえば本名が、「佐藤 弘」ならば、「さとう(ひ)」とか「ひろし(さとう)」など、微妙に本名を隠すような形にするのがいいでしょう。

男性でもそれなりのリスクがあるので、女性がLINEをあまり教えたがらないのは当たり前、とわかってもらえたでしょうか?

無駄なやりとりとイライラを発生させないためにも、いきなり、
「LINE教えて?」
と送るのは控えるのが吉です。

カカオトークについて

出会い系をやっている人は、結構カカオトークに登録している人が多いと思います。

カカオトークを知らない方はぜひ検索してみてください。

LINEは教えたくない、でもLINEくらい簡単にやりとりしてみたいという人にはぴったりですよね。

しかし、女性側はカカオトークに登録している方は意外と少なかったりします。

女性は男性と違って出会い系でポイントがかかることはほとんどないので、LINEやカカオトークと同じように出会い系も使えてしまいます。

そのため、普段、LINEだけで事足りているのに、わざわざ出会い系のためにカカオトークを入れたくない、メリットがないという実にまっとうな理由が大半です。

ブリーメールについて

それでは、フリーメールアドレスはどうでしょう?

今は、LINEでのやりとりが当たり前で、メールでやりとりすることは少ないと思います。

相手の女性の方が30歳以上であれば、携帯でメールをすることにも慣れていると思いますが、20代の人だとLINEに慣れ親しんでしまっています。

そのため、キャリアメールならまだしも、フリーメールの取得率はガクッと下がります。

「メールアドレス教えてよ!」
というやりとりですら少し古臭く感じてしまいますので、それだけで女性は
「めんどくさい!」
と切り捨てられてしまうかもしれません。

電話番号は?

電話番号をすぐに聞いてしまうのは絶対にやめましょう。

電話番号はなかなか変えることもできないし、
「え?!何で電話番号?!」
と警戒されてしまいます。

これではせっかく今まで使ったポイントも無駄になってしまいます。

まとめ

「女性が直接連絡先を教えてくれない」
とイライラしているそこのあなた!

その気持ちは十分にわかりますが、ここまで読んだら、どうして交換してくれないのか、納得してもらえたと思います。

お金がかかってしまうのは非常に痛いですが、そこはセフレを作るためにガマンです。

連絡先を聞き出すのは難関かもしれませんが、警戒心をといて仲良くなれば、セフレにするまではあっという間です。

イライラせずに、気長に、セックスできるまでがんばりましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました